読み方

読みたい月をクリックしますと、
1ヵ月分の日記が表示されます。 画面下から順に日を追ってお楽しみ下さい。

関連グッズ


カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オオクワガタ飼育
管理人:よしだっち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低温飼育のオス


低温飼育のメスは早々に蛹化してしまいました。

オスのほうも一部蛹化した個体もおりますが、
まだ蛹化せずにいる個体の方が多いです。

低温飼育のオスは通常飼育に比べてかなり小型でしたが、
ここに来てやっと、多少なりとも期待の持てる大きさの幼虫が現れました。

とはいっても、21グラムですが・・・・。

低温飼育の希望は、まだかすかに残っているようです。


トップシーバスアクアリウムオオクワガタカナヘビ

スポンサーサイト

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

この記事に対するコメント

高温飼育は、タイミングによってはかなり小型化してしまうみたいですね。
オオクワではありませんが、我が家では「アスタコイデスノコギリクワガタ」♂が
極小ギネス級の小ささで羽化してしまいました。
やはり「バランス」ということでしょうか?

我が家のオオクワは20度~25程度の幅を持たせて
飼育してみることにしました。
どうなるでしょうか・・・。
【2006/01/06 23:07】 URL | 回天 #- [ 編集]


高温は成長が早いので、そのまま蛹まで突っ走ってしまう危険がどうしても付きまといますね。
でも、3例まで高温で一気に加齢させた後、低温でじっくり仕上げるような利用法もあり、なかなか捨てがたいところです。
やっぱオオクワガタの温度管理は面白い。
【2006/01/07 13:50】 URL | よしだっち #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aqaweb.blog31.fc2.com/tb.php/34-6cf5dc7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。