読み方

読みたい月をクリックしますと、
1ヵ月分の日記が表示されます。 画面下から順に日を追ってお楽しみ下さい。

関連グッズ


カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オオクワガタ飼育
管理人:よしだっち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽化


8月に割り出してから、たった5ヶ月。
ワインセラー内で低温飼育していたメスの幼虫が成虫になりました。

まさか、夏の猛暑に耐え抜いた高温飼育の幼虫より、
23℃に保たれたワインセラー内で飼育していた幼虫のほうが先に羽化してしまうとは。

積算温度を基にしたたくさんの仮説が、根底から崩れ去った決定的瞬間です。


トップシーバスアクアリウムオオクワガタカナヘビ


スポンサーサイト

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

来ました


今年は実験のため大型の親を使用しなかったので、
幼虫が大きく育たないのではないかと不安になっておりました。

しかし、ここに来てようやくそんな不安を振り払ってくれる幼虫が現れました。

27グラム。

80ミリを目指すにはまだまだ体重の乗りが少ないですが、
8月に割り出したことを考えると、日数的にはまだ大きくなる可能性を秘めています。

温度管理はしておりますが、
彼らのDNAに刻まれた成長プログラムを考えれば、今は耐え忍ぶ冬。
ですから、活動を再開するであろう春先からの爆発的な成長に期待がもたれます。


トップシーバスアクアリウムオオクワガタカナヘビ


テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

高温飼育のオス



ワインセラーに入れなかったオスは順調に成長しております。

割り出し後、ちょうど5ヶ月で25グラム弱。
なかなか期待がもてます。

ウチでは、一気にガーンと体重を増やしてしまった個体より、3番手4番手につけてあまり目立たなかった幼虫のほうが、どう言う訳か大きな成虫になっています。

次の交換で28グラム。
そしてしばらく居食いした後、蛹になってくれれば大型が期待できます。


トップシーバスアクアリウムオオクワガタカナヘビ


テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

低温飼育のオス


低温飼育のメスは早々に蛹化してしまいました。

オスのほうも一部蛹化した個体もおりますが、
まだ蛹化せずにいる個体の方が多いです。

低温飼育のオスは通常飼育に比べてかなり小型でしたが、
ここに来てやっと、多少なりとも期待の持てる大きさの幼虫が現れました。

とはいっても、21グラムですが・・・・。

低温飼育の希望は、まだかすかに残っているようです。


トップシーバスアクアリウムオオクワガタカナヘビ


テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

蛹化


自然の摂理ですので、蛹になる事は分かっておりましたが、
実際、その姿を見るとかなり落ち込みます。

小さな蛹たち。

いったいどれくらいの大きさで羽化するのでしょうか。
オオクワガタと呼んでもよいのでしょうか。


トップシーバスアクアリウムオオクワガタカナヘビ


テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。